脈アリ?男性美容師が好きな女性客だけに見せるサインや態度!

美容師のホンネ

こんにちは。現役美容師の大田原です♪

突然ですが、あなたは気に入っている美容師さんはいますか?

何度か同じ美容室に通って担当をしてもらっていると、自身の担当美容師さんとしてだけではなく、それ以上の感情を抱いてしまうなんてこともあるかと思います。

ですが、それはお客様からだけではありません。美容師さんだって人間です。
日々多くの女性客を担当していると、中には好意を持ってしまうことも少なからずあります。もしかしたら、気づかないところでアプローチをしている可能性もゼロではありません。

今回はそんな、男性美容師が好意を持っている女性客だけに見せる特別なサインや態度について、あなたが見逃さないで気づく事ができるように、現役美容師の僕が、解説させて頂きますね。

スポンサーリンク

男性美容師が好きな女性客だけに見せる態度はコレだ!

美容師さんは基本的には、どのお客様にも特別視しているように接するよう、女性に対するマナーや気遣いについて、日々ロールプレイングや講習などで学び、実践しています。
そう。つまり、一見「もしかして?」と思う言動は、美容師ならではのサービスであることが、多いんです。

でも、そんな中でも確実に、気になる女性客にしかしない態度や行動があります。
そこが見抜けるようになりたい!ってわけですよね。

では、いったいどのような行動が「好きのサイン」なのでしょうか?1つずつ解説していきますね。

できるだけ遠くの席に案内する

気になる女性の場合、セット面にご案内するとき、他のお客様からできるだけ遠くの席にご案内します。
これは鉄板の行動ですね!理由もわかりやすく、自分と二人きりの空間づくりが出来るから!

誰でもそうだとは思いますが、好きな人とはなるべく二人きりになりたいですよね?
美容師さんも同じで、たくさんのお客様がいる中でも距離を取って、少しでも自分と気になるお客様の二人きりで会話を楽しみたい!というのが本音なんです。

 

意外でしたか?

そうですよね。
実はこの行動、けっこう勘違いされることがあるんです。

これは私の実体験なんですが、
気に入ったお客様を毎回すみの方にご案内していたところ、なんとある日、こんなことを言われました。

『嫌いだからほかの客から遠ざけているのではないか?』

これはもう衝撃の発言でした。

後にこのお客様とはお話をして、お互いに好意があったということが解り和解することができたのですが、こんなふうに真逆にとらえられているとは、まったく気付かずビックリしました。

忙しくてもアシスタントに任せない

美容室ではよくある光景だと思いますが、カラーやパーマをする際にまだ見習いのアシスタントに任せてしまい、最後のチェックくらいしか担当が見てくれないなんてこと、ありますよね?

これは忙しいスタイリストであればある程度は仕方のないことですが、好意のあるお客様に対してはどんなに忙しくても出来る限り自分で対応してしまったりします。

わかりやすいですよね~。

美容師だって人間なんです。
気になる女性とは、少しでも長く時間を過ごしたいと思ってしまうものなんですよ。

 

あ、ついでに補足ですが、
アシスタントに任せる場合でも仕上がりが落ちるということはありませんのでご安心を。

見習いのアシスタントにもランクがあり、自分が対応できずカラーやパーマを任せる場合は、それに十分対応できるランクの高いアシスタント(3~5年目)に任せています。カット以外は、スタイリストと遜色のないレベルです。

撮影モデルの協力をお願いする

某国内最大級の美容室予約サイトなどで、様々な美容師さんの撮影したスタイル写真を見たことありませんか?

これは、駅前などでのスカウトや常連のお客様にお願いすることが多いのですが、選ばれる基準はズバリ自分のイメージする女性かどうかです。

男性美容師さんのほとんどといっていいかもしれませんが、作るスタイルや提案するスタイルにはかなりの部分でその美容師さんの好みが反映されます。当然、それが最も似合うのも自分の好みに近い女性像をイメージしています。

もちろん撮影のコンセプトによるので例外もありますが、モデルに選ばれたら、その美容師さんのお気に入りである可能性は十分にあると思っていただいて問題ありません。

 

ちょっと待って。それってあなたの勘違いかも?ホンモノと社交辞令の見分け方は、こちらの記事をどうぞ。

勘違いワードに注意!男性美容師が本当に好きな女性客に見せる態度とは?
男性美容師に何度か担当してもらっているうちに、仲良くなって名前を覚えてもらうと、もしかして私は特別な存在なのかしら?なんて考えたことはありませんか?この記事では、男性美容師が好きな女性客にとる態度についてお話します。

要注意?実は好きというわけではない誤解を招く行動とは

この記事を書くにあたって、ネットで少しリサーチしてみましたが、
男性美容師がお気に入りの女性に取る言動として、ほとんどの記事で同じようなことが書いてありました。

それがこちら。

  • 美容師が積極的に話しをしてきたり、よく笑ってくれる!
  • プライベートな会話をしようとする
  • LINEの交換やSNSをフォローする

正直に言うと、本当に美容師に聞いたのか疑ってしまいました。

中にはこれが好意あるお客様にとる態度として当てはまる方もいるかもしれませんが、私の経験や知っている美容師さんの中ではごく少数でしょう。

ではその理由についてお話していきます。

スポンサーリンク

美容師が積極的に話しをしてきたり、よく笑ってくれる!

接客業なので、これはやって当たり前です。
あなたも仕事をするうえで普段以上に心掛けていることって当然ありますよね?美容師さんにとっては、まさにコレが当てはまります。

見習いのアシスタント時代から、営業後に先輩に散々怒られて徐々に身についていきます。
出来て当たり前のことです。

中には来店時のカウンセリングシートや接客時に、『静かに過ごしたい』『話したくない』などの要望がある場合は、施術や日々のヘアケアに関すること以外は話さないようにするなど例外はありますが、美容師の基本的なスタンスはコレです。
アプローチのサインになるとは言い難いですね。

プライベートな会話をしようとする

美容師さんにとって、お客様のプライベートはとても重要です。
お客様の好きな俳優さんや女優さん、観ているドラマ、職種や休日の過ごし方etc…それを詳細に確認することで、提案するスタイルを変えたり好みをイメージします。

要するに、これも聞いて当たり前の行動の一つ。
そうしなければこちらもどんなスタイルにしたらいいのか?お客様の希望のスタイルをただ何も考えず施術するだけの美容師になってしまいます。

プロとして、お客様が日ごろセットしやすいスタイルやお客様自身に似合うスタイルの提案するというのは当たり前の責任です。

よってこれも、お気に入りの女性だけに取る態度ではありません。

LINEの交換やSNSをフォローする

これも上記とほとんど同じ理由ですが、お客様のよりリアルなライフスタイルを確認するためです。
私はお客様の年齢や性別関係なく、フォローして確認していました。

そうすることで話だけでは分からなかった、普段の服装や友人・知人の髪型や服装などの交友関係まで見ることができ、より好みを把握しやすかったからです。

それに人は、承認欲求というのが非常に強いですよね?
美容室でカットされた後周囲の人から褒められないと、いくら美容室で仕上がりに満足していてもリピートしてもらえないことが多いです。

そのために、どの様なスタイルがお客様の周囲の人に好まれるかというリサーチをするのも、美容師の仕事の一つと考えています。

したがってこれも、お気に入りの女性だけに取る態度ではありません。

 

嫌いな女性にはどんな態度?あなたは本当に大丈夫?こちらもあわせて知っておきたい!

要注意!男性美容師が嫌いな女性客に取る態度はコレ
男性美容師が嫌いな女性客に取る態度とは、どんなものでしょうか?自分が嫌われていないか、気になることもありますよね。この記事では、男性美容師さんが嫌い(苦手)なお客様に取る態度をご紹介していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は男性美容師の脈あり行動について、私自身の経験や回りの美容師の話をもとに書いてきましたが、当てはまる点はありましたでしょうか?

この記事を読むあなたには、きっと、気になっている男性美容師さんがいらっしゃることと思いますが、
次回美容室に行った際には、今回の記事を踏まえて、ぜひ注意して美容師さんの行動を見てみてくださいね。
思いがけない発見があるかもしれませんよ。

ただ最後に一つ、好意のあるお客様とそうでないお客様だからといって施術に手を抜くということは一切ありません。これはプロとして断言いたします。
そこだけは誤解のないようにお願いいたします。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
大田原宏

美容師の大田原と申します。
自身の経験を生かして、さまざまなお悩みを持っている方に少しでもお力になれればと思いヘアケアや育毛・薄毛に関する記事を書いております。

毛髪関連だけではなく、美容師の知られていない意外な業界事情なども書いておりますのでお楽しみいただければと思います。

大田原宏をフォローする
美容師のホンネ
現役美容師が教えるキレイのための裏話

コメント

タイトルとURLをコピーしました