美容師が好きな客に取る態度とは?現役美容師が教える判断方法!

美容師のホンネ

美容室に行ったときに、指名をしたことがありますか?指名をしている場合、何がポイントで、指名をするようになりましたか?

美容室は、美容師と、お客様。「人 対 人」のやりとりなので、相性ってあるんですよね。担当美容師の指名をされている場合も、技術はもちろん、その美容師さんの人柄も良くて指名していませんか?逆に、美容師側から見ても、好印象のお客様と、う~ん。というお客様がいます。

今回は、「このお客様、いいな!」と思ったときの美容師について書かせていただきますね!

スポンサーリンク

お客さんを「好き」「いいな」と思ったことがある美容師の割合は?

冒頭でも、少しお話ししましたが、美容師も、お客様も、人間なので、相性というものがあります。顧客で長い付き合いのお客様もいますが、新規のお客様は、その時が初対面です。

実際に、美容室に客で行ったときに、美容師さんと、話が自然と盛り上がったり、空気感がとても心地よい!という経験はありませんか?もし、経験があるとしたら、その時は、美容師側も、同じように感じている場合が多いです。

統計を取ったわけではないので、確実ではないですが、「いいな」と思った経験のない美容師はいないのではないでしょうか?

このお客様、いいな。と感じる理由としては・・・

  • 「好みが合う」
  • 「テンションが合う」
  • 「テンポ感が合う」
  • 「髪質が扱いやすい」

お客様が美容師を指名する場合は、技術的なものの割合が多いと思いますが、美容師は、いいな。と思っても、こちらからお客様の指名ができるわけではないので、実際は、フィーリングが合うかどうか。という感じですね。恋愛や友人関係と同じように、人として合う場合は好きな客になります。

中には、異性のお客様で、いいなと思ったときは、こっそり、連絡先を渡す。なんて、出会いの場にしている美容師もいると聞いたことがあります。

仕事の場で、何をしているんだ!!と、思ってしまいますが、それで、お客様だった方と結婚したという美容師の話も聞いたことがあるので、意外と多いのかもしれません。

合わせて読みたい

美容師が会話してくる理由とは?話したくない時はどうしたらいい?
美容院に行った時の美容師さんとの会話が苦手って人結構いますよね。人見知りだったり、疲れている時はできれば黙っておきたい・・・。けど、話しかけられたら答えなきゃ感じが悪いしなぁ~と感じて美容院が苦手な人が多いんですよね。そこで、今回は美容師の目線からなんでお客さんに話しかけるのか理由と会話が苦手な時の対処法をご紹介します。

チェック!好きな客に対して美容師はこんな態度をとる!

こういう話を聞くと、自分は、どう思われているのか?って気になりますよね。

先ほどの話にもつながりますが、お客様が、心地よいな。という空間を過ごせている場合は、美容師も同じ!好きだな。この時間が居心地いいな。と思っていることが多いです。

実際の経験や、他の美容師の話から、お客さんが探るときのポイントをあげると・・・

  • 自然と会話のキャッチボールが続く
  • 以前話した内容を覚えていてくれる
  • 話が盛り上がると、タメ語になりがち
  • アシスタントを使わず、スタイリスト自らシャンプーする
  • スタイルのデザインを事前に考えておいてくれる
  • 次回以降の提案をしてくれる

プライベートの趣味が合う場合は、ほぼ、好きな客に入りますが、その時は、お客さんがご来店されて、カウンセリングしたら、すぐに自然と、同じ趣味の話が始まりますよね。

新規のお客様の場合は、そこまでの好みを聞き出すまでに時間がかかりますが、会話のテンポ感や、テンションが合う場合は、趣味等を聞き出すまでの時間も短くなるので、会話の途切れない場合が多くなります。

お話が嫌い。というお客様でも、カウンセリングで会話をした時のテンションで、合うと感じると、話をしなくても、その時間がお互い心地よい空間になるので、好印象です。

お話が盛り上がった時は、会話を続けるために、そのまま、会話しながら、シャンプーへと誘導して、スタイリストがシャンプーまで担当することも多いですね。

また、好印象のお客様は、美容師の記憶にも残っているので、「○○様、こういう髪型に似合いそうだから、次、提案してみようかな」とか、予約が入った時点で、提案の方向性を考えておく。ということもあります。

スポンサーリンク

記憶に残っている、という部分でいうと、「今度○○に行くんです」「旅行に行きます」等の話も覚えているので、美容師さんの方から、「この間の旅行どうでしたか?」なんて話をしてくることもあるでしょう。

また、次回につなげるための今後の提案もすることがありますね。「次回はこうしてみませんか?」「2か月後にこうしましょう」等、二人の約束を作る感じです。

上記で、心当たりある場合は、あなたも担当美容師の好きな客になっている可能性高いですよ!!

 

嫌いな客にはどんな態度?こちらの記事も一緒にどうぞ。

現役美容師が嫌な客ランキングをガチで公開!あなたは大丈夫?
美容師も一人の人間です。いくらお客さんとはいえ正直「この人合わないなぁ~」とか「ちょっと苦手・・・。」と感じる人もいます。もっとぶっちゃけると「もう来ないで欲しい!」と思うぐらい嫌なお客さんもいます。そこで、現役美容師の目線から実際に私が経験した嫌なお客さんはこんな人!というのをご紹介します。あなたは嫌なお客さんになっていないですか?

まとめ

美容師は、仕事なので、お客様の好き嫌いで選ぶことはしません!しかし、どうしても、フィーリングが合うお客様には、多少態度の変化が出てしまいます。

今回書かせていただいたことが全ての美容師に通ずるものではありませんが、さりげなく探るときの参考になれば・・と思います。

お話ししたい!話すの苦手!等、お客様が心地よい時間を過ごしていただくためにも、素を出してもらえると、お客様に合わせた接客がしやすいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました