美容師がお気に入りの客に取る態度とは?現役美容師が教える判断方法!

美容師のホンネ

美容室に行ったときに、「あれ?私好かれてる?」と思ったことはありませんか?
もしくは「あの人と私、美容師さんの態度が少し違うんじゃない?」と不満に思ったことは?

そうですよね。
美容室で、美容師さんに好かれているのかどうかは、なぜかとっても気になっちゃうんですよね。

美容師としても、仕事ですから、お客様の好き嫌いで施術に差をつけたりはしないものの、
そこはどうしても「人と人」のやり取りなので、相性によっては態度に差が出てしまうこともまた事実…。

美容師側から見ても、好印象のお客様と、「う~ん…」というお客様がいるんです。

ではどんなお客様を「好きだな」と思うんでしょうか?
「このお客様、いいな!」と思ったときの美容師の対応について解説させていただきますね!

スポンサーリンク

お客さんを「好き」「いいな」と思ったことがある美容師の割合は?

繰り返しになりますが、美容師もお客様も人間なので、相性というものがあります。
顧客で長い付き合いのお客様もいますが、新規のお客様は、その時が初対面です。

実際に、美容室に行ったときに、美容師さんと話が自然と盛り上がったり、空気感がとても心地よい!という経験はありませんか?
もし、経験があるとしたら、その時は美容師側も、同じように感じている場合が多いです。

統計を取ったわけではないので確実ではないですが、特定のお客様のことを「いいな」と思った経験のない美容師は、いないのではないでしょうか?

このお客様、いいな。と感じる理由としては・・・

  • 「好みが合う」
  • 「テンションが合う」
  • 「テンポ感が合う」
  • 「髪質が扱いやすい」

があげられます。

 

お客様が美容師を指名する場合は、技術的な理由である割合が多いと思いますが、美容師は、いいな。と思っても、こちらからお客様の指名ができるわけではないので、実際は、フィーリングが合うかどうか。という感じですね。恋愛や友人関係と同じように、人として合う場合は好きな客になります。

中には、異性のお客様で、いいなと思ったときは、こっそり、連絡先を渡す。なんて、出会いの場にしている美容師もいると聞いたことがあります。

仕事の場で、何をしているんだ!!と、思ってしまいますが、それで、お客様だった方と結婚したという美容師の話も聞いたことがあるので、意外と多いのかもしれません。

合わせて読みたい

美容師が会話してくる理由とは?話したくない時はどうしたらいい?
美容院に行った時の美容師さんとの会話が苦手って人結構いますよね。人見知りだったり、疲れている時はできれば黙っておきたい・・・。けど、話しかけられたら答えなきゃ感じが悪いしなぁ~と感じて美容院が苦手な人が多いんですよね。そこで、今回は美容師の目線からなんでお客さんに話しかけるのか理由と会話が苦手な時の対処法をご紹介します。

チェック!好きな客に対して美容師はこんな態度をとる!

こういう話を聞くと、自分はどう思われているの?って気になりますよね。

先ほどもお話しましたが、お客様が「心地よいな。」という空間を過ごせている場合は美容師も同じで、「好きだな。この時間が居心地いいな。」と思っていることが多いです。

では、「私、好かれてるわ」と判断できるポイントはあるのでしょうか?
実際の経験や、他の美容師の話から、判断ポイントをあげてみると…。

  • 自然と会話のキャッチボールが続く
  • 以前話した内容を覚えていてくれる
  • 話が盛り上がると、タメ語になりがち
  • アシスタントを使わず、スタイリスト自らシャンプーする
  • スタイルのデザインを事前に考えておいてくれる
  • 次回以降の提案をしてくれる

という感じになります。

趣味やテンションが合う場合

プライベートの趣味が合う場合には、まず間違いなく好きなお客様にランクインです。
そんな時には、お客様がご来店されてカウンセリングしたら、すぐに自然と同じ趣味の話が始まりますね。

新規のお客様の場合でも、普通はそこまでの好みを聞き出すのに時間がかかるものですが、
会話のテンポ感や、テンションが合う場合は、趣味等を聞き出すまでの時間も短くなるので、会話の途切れない場合が多くなります。

たとえお話が嫌いというお客様であっても、カウンセリングで会話をした時のテンションで「合うな」と感じると、話をしなくても、その時間がお互い心地よい空間になるので、好きなお客様に入ります。

美容師が積極的に話をしてくる場合

お話が盛り上がった時には、会話を続けるために、そのまま会話をしながらシャンプーへと誘導して、美容師自らがシャンプーまで担当することが多いですね。

スポンサーリンク

好印象のお客様は美容師の記憶にも鮮明に残っているので、
「○○様はこういう髪型に似合いそうだから、次、提案してみようかな」など、
予約が入った時点で提案の方向性を考えておくこともよくあります。

また、「今度○○に行くんです」「旅行に行きます」等のプライベートな話もよく覚えているので、
美容師方から、「この間の旅行どうでしたか?」なんて話をしてくることもあるかと思います。

次回につなげるための今後の提案もすることがありますね。
「次回はこうしてみませんか?」「2か月後にこうしましょう」等、二人の約束を作る感じです。

 

以上、心当たりがある場合は、あなたも担当美容師の「好きな客」になっている可能性が高いですよ!!

 

嫌いな客にはどんな態度?こちらの記事も一緒にどうぞ。

現役美容師が嫌な客ランキングをガチで公開!あなたは大丈夫?
美容師も一人の人間です。いくらお客さんとはいえ正直「この人合わないなぁ~」とか「ちょっと苦手・・・。」と感じる人もいます。もっとぶっちゃけると「もう来ないで欲しい!」と思うぐらい嫌なお客さんもいます。そこで、現役美容師の目線から実際に私が経験した嫌なお客さんはこんな人!というのをご紹介します。あなたは嫌なお客さんになっていないですか?

まとめ

美容師は仕事なので、お客様の好き嫌いで仕事の品質を変えることはしません!
しかし、どうしても、フィーリングが合うお客様には、多少態度の変化が出てしまいます。

今回書かせていただいたことが全ての美容師に通ずるものではありませんが、さりげなく探るときの参考になれば・・と思います。

「お話ししたい!」「話すの苦手!」等、
お客様が心地よい時間を過ごしていただくためにも、素を出してもらえると、お客様に合わせた接客がしやすいですね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ゆぅちん

不器用ながらに、挫折しながらも負けん気で美容師を続けて16年。
トレンドの提案はもちろんですが、何より、お客様の悩みに寄り添える美容師を目指し、研究の日々です。

手荒れ等に悩みながらも美容師という仕事が大好き。プライベートの遊びも、仕事も全力!!をモットーに楽しい日々を送っています。
なかなか聞きにくいような悩みや、美容師の本音など、楽しくお伝えしていきます。

ゆぅちんをフォローする
美容師のホンネ
現役美容師が教える、キレイになるための裏話

コメント

タイトルとURLをコピーしました